J-SEMS

格付け法

J-SEMSに新しい機能が追加されます。

格付け法

試料を特級、1級、2級に分類したり、良品、不良品に分類する方法です。採点法に似ていますが、各格付け間の差は意味を持たないことが特徴です(例えば、特級と1級の差と、1級と2級の差は等しくない)。

50人のパネルにA、B、C、Dの4種類のパンを上、中、下の3段階で評価してもらった。

J-SMES 試験解析画面

 

 

参考文献
製品開発に役立つ感性・官能評価データ解析-Rを利用して-