J-SEMS

識別試験法

J-SEMSに新しい機能が追加されます。

識別試験法

主に試料間の差の有無や、パネル(試験の対象者)の識別能力の有無を判定する場合に用いられます。
J-SEMSで実施できる識別試験法は以下です。

試験法 概要
2点試験法 パネルの試料に対する識別能力を決定する方法
3点試験法 パネルの試料に対する識別能力を決定する方法
1対2点試験法 パネルの試料に対する識別能力を決定する方法
配偶法  パネルの試料に対する識別能力を決定する方法

 

1.2点試験法

試料Aと試料Bの2種類の苦味成分の異なるポテトチップスを用意します(試料Bの方が苦味が強い)。20人のパネルがそれぞれ1回ずつ両者を比較し、どちらが試料B(どちらが苦い)かを選択してもらいます。

J-SMES 試験解析画面

    

2.3点試験法

印刷方式を変えたパンフレットに、違いがあるかどうか調べる為、従来方式で印刷したA、新しい方式で印刷したB、Aを2回、Bを1回、ランダムな順に見せて異なるパンフレット(この場合はB)を選択してもらいます。

J-SEMS 試験解析画面

 

3.1対2点試験法

新しく開発したスキンクリームBは従来品Aの香りにわずかな変更を加えたものです。この新製品は従来品と違いが感じられるかどうかを調べました。まずパネルに従来品Aを提示し、次に従来品Aと新製品Bを提示し、どちらが新製品か選んでもらいます。

J-SEMS 試験解析画面

 

 

4.配偶法

配偶法には、同じ数の試料を組み合わせる、繰り返し試験する、異なる数の試料を組み合わせる手法が選択できます。

色相の識別能力を判断する為に、色相がわずかに異なるA,B,C,D,E,Fの6種類の色票を二組作ります。
1人のパネリストに、同種の試料が2組み用意されていることを知らせ、各組から1個ずつ取り出して、同種の色の組みわせを作らせます。

J-SEMS 試験解析画面

 

 

参考文献
製品開発に役立つ感性・官能評価データ解析-Rを利用して-