J-SEMS

採点法

J-SEMSに新しい機能が追加されます。

採点法

0〜3,1〜5,−3〜+3などの数値尺度を使って、試料の特性や好ましさに対して評点を与える手法です。数値間の心理的間隔が等しくなるように、つまり、カテゴリーの幅が一定となるように判断することがパネリストに要求されます。

J-SEMSで実施できる採点法と解析は以下です。

解析方法 概要
対応のあるデータの場合 複数のパネリストが2つの試料を採点します。各パネリストは両方の試料を採点します。
対応のないデータの場合 複数のパネリストを2つのグループに分け、2つの試料を採点します。各パネリストはどちらかの試料を採点します。
一元配置の分散分析 複数の試料を複数のグループのパネリストに採点させ(各グループは1つの試料を採点する)、各試料の採点に差があるかを調べる。
二元配置の分散分析 複数の試料を複数のパネリストが採点法によって評価した場合の解析方法です。繰り返し有り無し、つり合い不完備型ブロック計画で解析方法が異なります。
積率相関 複数の試料を2人のパネリストが採点法で評価し、パネリスト間の関係を調べます。
単回帰分析 複数の試料を複数のパネリストが評価した時、試料の評価が直線的であるかを調べます。
重回帰分析 複数の試料を複数のパネリストが複数の要因について採点した時、主たる要因とその他との関連性を調べます。
判断分析 複数のグループのパネリストが複数の試料を採点した時、採点結果とグループの関連性を調べます。


 

1.対応のあるデータの場合

10人のパネリストに2種類のカメラの品質について10点満点で採点した。その際、5人は、Aを先に、残りの5人は、Bを先に評定して、順序効果が出ないようにした。各カメラの平均評定値に差があるといえるかを調べる。

J-SMES 試験解析画面

 

2.対応のないデータの場合

各10名からなる2群のパネルの一方にはA,他方にはBの中華まんを提示し、その品質の良さを1点(不良)〜10点(良)の採点法で評価させた。

J-SMES 試験解析画面

 

3.一元配置の分散分析

ワインのパッケージデザインの試作品が4つある。これらの試作品の良さを、10点満点の採点法で各試料4名ずつが評定した時、以下の表のような結果を得た。4つのパッケージデザインに対する評定値に差があるといえるか。また、差があった場合、どのパッケージ間に差があるか。

J-SMES 試験解析画面


4.二元配置の分散分析(繰り返しなし)

10点満点の採点法で、3人のパネリストが3種類の焼酎を評価した。焼酎とパネリスト及び交互作用には、有意な効果があるかを調べる。

J-SMES 試験解析画面

 

5.二元配置の分散分析(つり合い不完備型ブロック計画)

4種類のウィスキーを10人のパネリストが7段階で採点する。各パネリストは3つの試料を評価する。

J-SMES 試験解析画面

 

6.積率相関

XとYの2名の評価者に試料A~Iの品質の良さについて10点(良)~1点(不良)の採点法を用いて採点した。2名の評価者の関係について調べる。

J-SMES 試験解析画面

 

7.単回帰分析

8種類の婦人靴を履いて長時間作業をした時の疲労度について、20名の評定者に7段階の採点法で評価してもらい、その平均値を求め、それぞれの靴のヒールの高さとの関連を調べた。

J-SMES 試験解析画面

 

8.重回帰分析

オレンジジュースの甘味と酸味の主観的な強度が、イチゴのおいしさの評価に与える影響を調べるために、20人のパネルに10種類のオレンジジュースを7段階の採点法で評価してもらった。オレンジジュースの甘味と酸味の主観量で、おいしさの主観量が予測可能か否かを検討する。

J-SMES 試験解析画面


9.判断分析

20代と60代の男性に3種類のスーツに対する好みの度合いを採点法で評価してもらった結果である。これら3種類のスーツに対する好みから、年代を判別することが可能かを線形判別法で調べる。

J-SMES 試験解析画面

 

参考文献
製品開発に役立つ感性・官能評価データ解析-Rを利用して-