J-SEMS

一対比較法

J-SEMSに新しい機能が追加されます。

一対比較法

順位法では、感覚や好みの強さを測るのに、全ての試料を一度に評価して順位付けする必要があります。試料数が多くなると、一度に順位付けすることが困難になることがあります。そのような場合、2つの試料を対にして比較します。これを全ての対について行う方法が一対比較法です。

J-SEMSで実施できる一対比較法は以下です。

試験法 概要
一意性の係数 3つの試料A,B,Cがある時、A>B、B>Cならば、A>Cであるはず。このようになっているかを検定する。
一致性の係数 複数のパネルの一対比較の判断結果がどの程度一致しているかを調べる。
ブラッドレイの一対比較法 2つの試料を良い(好き)で評価する。一人のパネリストに対して、1組を提示する。2つの試料を提示する順番は考慮しない。パネル数が少なくても解析可能。
サーストンの一対比較法 2つの試料を良い(好き)で評価する。一人のパネリストに対して、1組を提示する。2つの試料を提示する順番は考慮しない
シェフェの一対比較法(原法) 2つの試料を複数の段階で比較する。一人のパネリストに対して、1組を提示する。2つの試料を提示する順番を考慮する
シェフェの一対比較法(浦の変法) 2つの試料を複数の段階で比較する。一人のパネリストに対して、全ての組を提示する。2つの試料を提示する順番を考慮する
シェフェの一対比較法(芳賀の変法) 2つの試料を複数の段階で比較する。一人のパネリストに対して、1組を提示する。2つの試料を提示する順番は考慮しない
シェフェの一対比較法(中屋の変法) 2つの試料を複数の段階で比較する。一人のパネリストに対して、全ての組を提示する。2つの試料を提示する順番を考慮しない

ブラッドレイ、サーストン、シェフェ(原法)、浦の変法、芳賀の変法、中屋の変法の違いは以下です。

手法 段階 提示 順序効果
ブラッドレイ 二択 なし
サーストン 二択 なし
シェフェ(原法) 複数 あり
浦の変法 複数 全対 あり
芳賀の変法 複数 なし
中屋の変法 複数 全対 なし


 

1.一意性の係数

あるパネルに、A~Fの6つの飲料のパッケージのデザインに対して、一対比較法で、どちらが好きかを答えてもらった。

J-SMES 試験解析画面

 

 

2.一致性の係数

5種類の洗濯機の嗜好順序を決めるために、5人のパネリストに2個ずつを対にして提示して、どちらを好むか回答してもらった。

J-SMES 試験解析画面

 

 

3.ブラッドレイの一対比較法

4種類のラーメンを対にして、どちらが好きかを回答してもらった。パネル数は1。どちらを先に食べるかは考慮しない。

J-SMES 試験解析画面

 


 

4.サーストンの一対比較法

大根を切った時の5種類の包丁の切れ味について、サーストンの一対比較法により調べた。300人の消費者を30人ずつの10組に分け、どちらの包丁の方が切れ味が良いかを評価してもらった

J-SMES 試験解析画面



 

5.シェフェの一対比較法(原法)

4種類のカップ麺を12人のパネリストに5段階で比較してもらった。各パネリストは1回しか評価しない。各パネリストに提示する順序を考慮する。

J-SMES 試験解析画面



 

6.浦の変法

4種類のチョコレートを3人のパネリストに7段階で比較してもらった。各パネリストは全ての組み合わせを評価する。各パネリストに提示する順序を考慮する。

J-SMES 試験解析画面



 

7.芳賀の変法

4種類のうどんを180人のパネリストに5段階で比較してもらった。各パネリストは1組を評価する。各パネリストに提示する順序を考慮しない。

J-SMES 試験解析画面



 

8.中屋の変法

4種類のカレーライスを3人のパネリストに7段階で比較してもらった。各パネリストは全ての組を評価する。各パネリストに提示する順序を考慮しない。

J-SMES 試験解析画面

 

参考文献
製品開発に役立つ感性・官能評価データ解析-Rを利用して-