J-SEMS

CATAとTCATA

J-SEMSに新しい機能が追加されます。

CATA

CATAとはCheck All That Applyとの略で、試料に対する印象評価を、複数のチェック項目をチェックすることで行う評価方法です。
TCATAはこれに時間軸を加えたもので、時間的に変化する試料に対する印象評価を随時チェックします。

 

3種類のお米の印象(好きな味、嫌いな味、甘い味、甘い香り、程良い粘り、飲み込みやすい、ねっとりした、かたい、渋味、酸味、あっさり)をチェックしてもらいます。

 

J-SMES 試験解析画面

TCATA

J-SMES 試験画面

参考文献
製品開発に役立つ感性・官能評価データ解析-Rを利用して-