J-SEMS

音声で入力できるTDSを開発しました

TDSの入力は画面をタップして行っていましたが、音声で入力できるようなシステムを開発しました。

評価対象を手で評価する場合に画面を指でタップすることは困難でした。この問題を解決する一つの手段として音声で入力できるシステムを開発しました。

日本官能評価学会の2018年大会で展示・デモいたします

12月から販売を予定しています